借地借家法を理解するために

借地法という法律が借地借家法という新しい法律になったのは平成4年8月のことです。それまで土地を一旦第3者に貸しつけたら一生変換されない、一生自分が利用できない土地となる事を覚悟しておくべきといわれていました。

かなり借地人に有利な法律となっていたのです。すると地主さんはおいそれと所有している土地を貸そうと考えなくなります。自分が利用したいと思うとき、将来もずっと自分の土地が自由にならないなら、賃借などしない方がいいからです。

こうしたことが理由となり土地利用において動きのない状態となってしまいました。土地の流動化がストップしてしまったのです。そこで、国は新しく法律を施行することで、少しでも土地の流動化をしていこうと考え、また利用してほしい人、利用したい人が円滑な契約ができるようにと借地借家法という法律を作ったのです。

借地借家法に関してはこの法律が適用される範囲をよく理解しておく必要があります。

適用される範囲をよく理解し、その上でこれから借地借家法の契約を地主、借地人ともに問題なきようしていきたいからです。こうした土地や建物など、不動作に関するトラブルはとても多く、またその多くが複雑です。特に借地権に関しては相続なども絡み合ってくることが多く、専門家の意見を取り入れながらうまく契約していくことが求められるのです。

当サイトは借地借家法について、まず土地や建物の権利について理解し、その中で借地借家法が適用される範囲を理解していきたいと考えています。当サイトが皆様お役にたてたら幸いです。

『借地借家権の適用範囲』